©2013, Kunihiko Nakagawa
2002年制作
14分49秒

南フランス、ツールーズ近郊で羊の畜産家として働くミシェルとアリス夫妻のエピソードです。彼らはそれぞれ看護師、コープ職員として働いていましたが、出産をきっかけに子供といる時間を持ちたいという理由から、畜産家になりました。

「量産は品質と、価格を下げ、過重労働をもたらすだけ」という彼らの畜産方法は、羊を尊重したもので、約200頭の雌羊を放牧しながら、出産期から成長に合わせて世話をします。環境活動家でもある彼らは、荒れ地だった場所を放牧地として復活させ、自給という考えを元に購入を極力抑えて生活しています。そんな彼らの羊と共に生きる姿を2002年に中川邦彦が探った映像です。

制作者:
撮影、編集:中川邦彦
翻訳:中川伊希
字幕制作:池田卓

Share →